top of page

右江星羅:2年目




現在Florida州にあるKeiser Universityに所属している右江星羅です。高校時代は、十文字高校でプレーしていました。


まず初めに私の留学に尽力してくださった多くの方々にこの場でお礼を申し上げます。これからもあらゆる面で貪欲に成長を求め日々頑張ります。


2022年、留学生活2年目を振り返りたいと思います。


Keiser Universityは、決して大規模な学校ではありませんがビーチの近くにあり、一年中半袖で過ごすことが出来る非常に魅力的な学校です。今学期は、統計学・経済学・経営学・環境科学・エッセイの5つのクラスを取っていました。2年目ということもあり現在はさまざまな分野を幅広く学んでいます。1年目は授業についていくのに必死で友達の助けを借りることも多々ありましたが、今学期は何とか自分の力で乗り切ることが出来ました。


渡米直後に比べると英語もある程度コミュニケーションが取れるくらいには成長したと思います。特にリスニングについてはかなり成長しましたが、スピーキングに関してはまだまだ向上心を持って取り組む必要があるので引き続き頑張ります。


サッカーに関しては、チームとしても個人としても悔しさの残るシーズンとなりました。全米優勝を目標に取り組んできましたが、惜しくも全米大会準決勝で敗れてしまいました。シーズンを通してチーム全体の雰囲気も非常に良く、実力・チーム力ともにNational Championにふさわしいチームだと感じていただけに非常に悔しかったです。個人としてもチームが苦しい時に何かできる選手、絶対的な存在になることが出来ずまだまだ成長しなければならないと痛感しました。日本とは評価基準やスタイルが全く異なるアメリカのサッカーの中で自分の良さをどう表現していくのかという点で苦労したシーズンでもありました。どんなサッカーにも順応できてどんな監督からも必要とされる選手に成長していきたいです。


また、シーズン中は基本的に木曜日と土曜日に試合がありアウェイでの試合の際には学校を休まなければならないこともあります。遠征が多い中でコンディションを維持しながら学業とサッカーを両立するのはなかなか難しいことではありますが、どちらも疎かにすることなく今シーズン以上の良いパフォーマンスが出来るよう来シーズンも頑張ります。そして来シーズンこそは全米優勝を成し遂げたいです。


ここまで読んでいただきありがとうございました。


右江星羅

243 views0 comments

Recent Posts

See All

Comentarios


bottom of page