• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

留学ステップ

ABOUT

ABOUT US

​私たちについて

ABOUT ABROAD STUDY

アメリカ留学について

New York Office

ZERO-ZERO PROGRAM

「Zero-Zeroプログラムとは」

【Zero-Zero】は日本の学生アスリートの、スカラーシップ(奨学金制度)を利用したアメリカ大学へのサッカー留学を支援するプログラムです。スポーツ大国として名高いアメリカ。近年では野球やバスケットボールだけでなく、サッカーの人気も上昇傾向にあります。さらに、大学スポーツは、4大プロリーグ に匹敵する人気を持つとも言われ、大学リーグには世界中から優秀な選手が 集まります。【Zero-Zero】は、学生アスリートがアメリカの大学へ渡り、レベル の高い環境でのチャレンジを通じ、世界に通用する選手として成長、活躍する ことを目指します。 また、海外でのプレーに加え、大学の学位取得、現地生活で身に付けた英語力を活かし、卒業後グローバル人材として活躍するための準備をします。プロサッカー 選手の道だけでなく、アスリートとしての経験を価値に、キャリア形成を支援します。

 

OUR STRENGTH

「Zero-Zeroの特徴」

【現地に精通したコーディネーターがサポート】

現地で16年間生活し、現役選手としての活動歴があるコーディ ネーターが大学入学から卒業後の進路までをサポート。これまで連携した大学は300校以上と、現地で培った幅広いネットワーク を活かし、各選手に合った留学プランを提案します 。

    

【エクスクルーシブな少人数制】

Zero-Zeroは、1コーディネー ターにつき年間約10人のみの新規学生アスリートを対象とした 、 エクスクルーシブなプログラムです。少人数制だからこそ実現できる密な連携を通じ、各選手の魅力を最大限に引き出します。効果的な契約交渉を行い、スカラー シップ獲得を目指します。

【在学中もフルサポート】

入学後も安心して大学生活を 送るためのサポートを提供。 毎年度の奨学金交渉 履修内容確認・専攻変更手続き 大学編入手続きまた、卒業後の進路やOPT 研修・就労ビザ取得のアドバイスも行います。

 
 

ABROAD STUDY

「アメリカの魅力」

国内では得られない未来の力となる3つの武器

  1. 語学 | Communication

  2. 環境 | Environment

  3. 人脈 | Network

【世界中の人と話せる英語力】

スラングや会話を楽しむだけでなく、現地のネイティブ英語に触れ、世界に通用する発音・スピード・表現力・語彙力・議論力を身につけることができます。多種多様な人種が集まる環境で、日々様々な文化や、新しい考え方に触れ、日常会話以上のコミュニケーション能力と理解力を鍛えます。

    

【文武両道を司る教育制度】

アメリカの教育制度では、スポーツと勉強の両立が重要視されます。水準の高い教育とサッカーの両方を 得られる「文武両道」の環境で、自分自身の進化を日々実感できます。

【グローバルなネットワーク】

人生において、「出逢い」は私たちに大きな価値をもたらしてくれます。学生時代に出会う様々なバックグラウンドの人々と築く関係は、プライベート・仕事の両面において、卒業後の人生に大きく影響します。世界中の人 が 集まるアメリカは、国際交流に最も適した場です。

NCAA

「NCAA 大学リーグ」

National Collegiate Athletic Association (NCAA)とは全米大学体育協会の事です。協会自体は主に大学のスポーツクラブ間の連絡調整や管理など、様々な運営支援などを行っております。現在、NCAAでは23の競技で88の大会を運営している。全ての競技を合わせると1,200以上の大学から4万人以上の選手が大会に参加しています。NCAAの競技に関わる選手の数は36万人にのぼります。

 

NCAAは3つのディビジョン(部)から構成されています。

 – Division 1 (1部)

 – Division 2 (2部)

 – Division 3 (3部)
 

NCAA Division 1」米国で一番レベルが高い大学リーグとして知られています。Division 1として成り立つには男子部 & 女子部が7個以上、もしくは男子部6個 & 女子部8個以上が必要となります(合計14部)。奨学金の量は大学リーグで一番多く、男子部は最大で10人分までのフルスカラーシップ(全額免除)、そして女子部は最大14人分までのフルスカラーシップが認められています。

  • 男子サッカー部   /   約 210校

  • 女子サッカー部   /   約 340

 

「NCAA Division 2」米国で二番目の大学リーグとして知られています。Division 2として成り立つには合計で10個以上のスポーツ部が必要とされています(男子部を一つとして数える)。奨学金の量は大学リーグで二番目に多く、男子部は最大で9人分までのフルスカラーシップ、そして女子部は最大10人分までのフルスカラーシップが認められています。

  • 男子サッカー部   /   約 210校

  • 女子サッカー部   /   約 260

 

「NCAA Division 3」NCAAの中で三番目の大学リーグとして知られています。Division 3ではスポーツ奨学金を出す事を禁じられており、スポーツ特待生として選手をスカウトする事はできません。。その変わり、アカデミックスカラーシップ(学力での奨学金)の数は多くあります。Division 3として成り立つには合計で10個以上のスポーツが必要となります(男子部を一つとして数える)。

  • 男子サッカー部   /   約 400校

  • 女子サッカー部   /   約 440

《00選手》~ 2021年2月

  • NCAA Division 1   /   11名

  • NCAA Division 2   /   8名

  • NCAA Division 3   /   2

 

NAIA

「NAIA 独立大学リーグ」

National Association of Intercollegiate Athletics (NAIA)も全米大学体育協会の一つであります。

多くの外国人選手がNAIAに所属しており、その理由は入学と選手登録がしやすいという事であります。NAIAの奨学金制限は男子部も女子部も両方12人分までのフルスカラーシップが認められています。NAIAに所属する多くの大学は私立大学(Private College)となります。

  • 男子サッカー部   /   約 180校

  • 女子サッカー部   /   約 340

《00選手》~ 2021年2月

  • NAIA   /   6名

 

Community College League

3つの短期大学リーグ」
 

1) National Junior College Athletic Association (NJCAA)

​地域:42州(アラバマ・アリゾナ・アーカンソー・コロラド・コネチカット・デラウェア・フロリダ・ジョージア・アイダホ・イリノイ・インディアナ・アイオワ・カンザス・ルイジアナ・メリーランド・マサチューセッツ・ミシガン・メネソタ・ミシシッピ・ミズーリ・モンタナ・ネブラスカ・ネバダ・ニュージャージー・ニューメキシコ・ニューヨーク・ノースカロライナ・ノースダコタ・オハイオ・オクラホマ・オレゴン・ペンシルベニア・ロードアイランド・サウスカロライナ・テネシー・テキサス・ユタ・バージニア・ワシントン・ウェストバージニア・ウィスコンシン・ワイオミング)

  • ​Division 1  /  65チーム

  • Division 2  /  75チーム

  • Division 3  /  76チーム

2) California Community College Athletic Association(CCCAA)

​地域:カルフォルニア州

  • 77チーム

 

3) Northwest Athletic Conference(NWAC)

​地域:4州(オレゴン・ワシントン・アイダホ・ブリティッシュコロンビア)

  • 24チーム

《00選手》~ 2021年2月

  • NJCAA    /   18名

  • CCCAA   /   2名

  • NWAC    /   2

 

COMMUNITY COLLEGE

「コミュニティーカレッジと編入制度」

コミュニティーカレッジ(ジュニアカレッジ / 短期大学)はもともと、経済的にも地理的にも大学への通学が困難な学生たちに、高等教育を受けるチャンスを与える目的で生まれました。教育内容は4年制大学への進学を目指す編入(トランスファー)プログラム、就職に役立つスキルを身につける職業訓練プログラム、市民自由参加の生涯教育プログラムの3つに大別されます。若者からシニアまで実に幅広い年代の人たちがさまざまな目的で混在して学んでいるのが特徴であります。

 

コミュニティーカレッジの道を選んだ選手は2年間で一般教養と基礎科目を取り、4年制大学の3年次に編入をし、残り2年間で学士号を取得するケースが多くみられます。コミュニティーカレッジは4年制大学よりも学費が低いことで知られています。

 

日本人アスリートにとっては、入学時に求められるTOEFLスコアが4年制大学より低いのもメリットであります。短期大学で取得した多くの単位は4年制大学へ移行することができます。編入をする場合は短期大学を卒業し、Assocaite Degree(准学士号 / 2年制大学を卒業して得られる学位)を取得することをおすすめします。

 

MAJOR

「専攻の柔軟さ」

アメリカの大学には、多くの場合、専攻がはっきりと決まっていなくても入学ができ、専攻は2年次の終わりくらいまでに最終決定すればよいことになっています。最初の2年間は一般教養の授業を受け、自分が専門的に学びたい分野が何かをその間にじっくり考えることができます。さらに、専攻決定後も、決められた科目や単位を取ってさえいれば、専攻の変更も比較的スムーズにできます。また、複数の専攻を学ぶことも可能となります。

 

《主専攻に副専攻を加えるパターン》

主専攻(major)と幅専攻(minor)を決め、単位数にして2対1くらいの割合で、それぞれの専攻について学ぶものです。履修期間はひとつの専攻を選んだ場合と同期間であり、メジャーマイナーコンビネーション(major / minor combination)と呼ばれることが多いです。

 

《複数の専攻を選ぶパターン》

2つの専攻の間であまり比重に差をつけず、どちらの専攻もほぼ同じ程度の必要単位数を取得するものです。取得すべき単位数は、専攻が1つの場合よりも多くなるが、2倍にはならず、履修期間も短縮されるという点が有利であります。一般的にはダブル・メジャー(double major)と呼ばれ、学位記は1つで、専攻が併記されることが多いです。

上記以外にもダブル・ディグリー(double degree)、ジョイント・ディグリ−(joint degree)、アクセルレイテッド・ドゥエル・ディグリー(accelerated dual degree)、ストゥーデンド・デザイン・メジャー(student desgined major)などがあります。

 

APPLICATION

「出願に必要なもの」

□ 入学願書(online application)

□ 成績証明書(transcripts)中学 & 高校

□ 英語力を示すもの(English proficiency)

□ 卒業証明書(certificate of graduate)

□ エッセー(statement of purpose)

□ 推薦状(recommendation letter)

□ 財政能力証明書(financial support)

□ 健康診断書(health report)

□ 予防接種記録(immunization form)

□ 申請料(application fee)

 

ATHLETIC / ADMISSION STEPS

「入部 / 入学ステップ」

 複数の大学に売り込みを開始する

・ハイライト動画で売り込むケースが多いが、現地で IDキャンプなどに参加する事も可能である。

 希望する(興味を示してくれている)大学の入学願書と必要書類を準備する

・大学のウェブサイトから必要書類を確認し準備をする。エッセーや推薦状など作成に時間を要するものもあるので、早めの準備が大切である。

 出願する

・大学の入学願書と必要書類を大学の入学審査課(admissions office)へ送付する。あるいは入学願書のみオンラインで提出し、必要書類を送付する。

 オファーが届いた大学から1校に絞る

・複数の大学サッカー部からオファーが来た場合は一つの大学に絞り契約へと進む。

 大学サッカー部と契約を交わす

・サッカー部と契約をしても入学許可が下りたわけではない。

 入学許可通知が届く(郵送 or Eメール)

・審査に要する時間は大学によって異なるが、出願して1~4ヶ月かかる。

 入学意思を通知する

・複数の大学から合格通知が届いたら、入学希望する大学へ入学の意思を伝え、辞退する大学には辞退の意思を伝える。

 授業料の一部を支払う

・授業料の一部前払い(deposit)を支払う。

 
 
New York Office

OUR HISTORY

Screen Shot 2021-03-03 at 14.15.44.png

代表の假屋渡米(当時10歳)

Zero-Zeroプログラム設立

運営:株式会社Naocastle

運営変更:Stu-Ath Management

サポート選手 50名 突破

アメリカ大学サッカー留学

サポート開始

PHILOSOPHY  |  企業理念

PHILOSOPHY  |  SCHOLAR-ATHLETE

In the same way that the word "Student" comes before "Athletes," we are committed to cultivating high-performance scholar-athletes who are physically and intellectually successful.  

企業理念  |  文武両道を極めたスポーツ事業

「文武両道」の本質に沿った、学問とスポーツを切り離さず、双方に精通した学生アスリート(Student-Athletes)の育成・支援を行います。

VISION  |  ビジョン

VISION  |  REVOLUTIONIZE

To be an audacious company that inspires and revolutionizes the Japanese sports industry through a Student-Athlete philosophy while involving all passionate sports enthusiasts.

ビジョン  |  スポーツ界で起こす革新

学生アスリート、保護者、指導者などのステークホルダーと共に、Student-Athletesの理念の浸透を推進します。日本のスポーツ界を刺激し、変化と希望を与える企業 を目指します。

MISSION  |  ミッション

MISSION  |  ACCELERATE

To equip and accelerate student-athletes that can contribute to globalized society.

ミッション  |  グローバル人材の育成

グローバル社会に貢献できる、学生アスリートの育成を目指します。サッカーに限らず、他分野でも幅広く活躍するためのスキル習得をサポートします。

VALUE  |  出逢いの価値

VALUE  |  SERENDIPITOUS ENCOUNTER

We believe every single encounter is destined.  We hope that the experience students gain through us will give them courage, hope, and the ability to empower their future. 

出逢いの価値  |  生涯続く繋がり

私たちは、ひとつひとつの出会いが運命的なものであると信じています。私たちを通して得た経験が、学生 アスリートの勇気や希望、そして未来を切り開く力になることを願っています。

SERVICE  |  提供サービス

SERVICE  |  EMPOWERMENT

We empower student-athletes by offering opportunities and platforms that are academically, athletically, and culturally challenging to maximize their full potentials. 

提供サービス |  世界へ羽ばたく準備と留学中のサポート 

学生アスリートの可能性を最大限に引き出すための機会やプラットフォームを提供します。学問、スポーツ、 文化など、様々なシーンでの挑戦をサポートします。