井戸ケイト:1年目


2021年の8月よりテネシー州にあるUT southern 大学に留学しています、井戸ケイトです。

高校では、浦和レッズレディースU18でプレーをしていました。

浦和レッズレディースという強豪チームでプレーをしていたので、行く前はアメリカに行くという選択は本当に正解なのか、アメリカに向かう直前にそう思った事もありました。ですが、幼少期からの目標である海外でも通用する、体も、メンタルもどこへ行っても強い選手になりたいという気持ちが大きかったです。

アメリカに来て初めは日本人の先輩が既に2人在学していたのでアメリカ人が話すとその2人の顔を見て表情ですぐに助けを求め毎日のように通訳をしてもらっていました。ですが練習中や試合中、監督、チームメイトが言っている事が分からかったり伝えたい事が伝えられなかったりと、悔しい思いを何度もしたので学校が終わった後、先生と教室に残って英会話をしたり、オフの日はチームメイトの家に行って何気ない日常の会話だけをしに行ったりしていました。4ヶ月程経った今、早口で話されてしまうとまだ分かりませんが、日常会話は理解して少しずつですが会話出来る様になりました。


サッカー面では,1週間に2〜3試合、試合が終わったらその日の試合動画を見て次の試合に向けて体のケアをしたり、、、すぐ試合があるのは本当に嬉しかったです。日本人は3人だけですがその日本人が真ん中で司令塔としてプレーする、アメリカ人との融合はプレーしていても、プレーを振り返って動画で見ても面白いし、楽しいです。


今年は新人賞や得点王、全米大会優勝という大きな成績を残す事が出来ました。ですがその分、来年も大きな期待とプレッシャーがあります。1年目は凄かった、と言われないように2年目も2021年の自分を超えるために日々努力していきます!2021年の自分に絶対負けません(笑)!また、スプリングシーズンにはNCAA D1のチームと試合が何度かあるので強いチームと戦って自分がどれだけ出来るのか、楽しみです。その試合に向けてまた日々準備していきたいと思います⚽️


18.19歳でアメリカに挑戦すると言う大きな決断をしました。来て良かったと思っています!何があるかわからない、何も先が見えないしこれから先もどんな事があるかわかりませんが全ては自分次第。出会いを大切に、そして色んな方々に支えてもらって今がある事、サッカーができている事を忘れずに自分らしく前に進んで行こうと思っています。

ご清聴ありがとうございました。

井戸ケイト




717 views0 comments

Recent Posts

See All