松久栞南:1年目

Updated: Apr 5


2021年の5月からヴァージニア州にあるVirginia common wealth universityに留学をしている松久栞南です。高校時代は十文字高校でプレーをしていました。

初めに私の留学に尽力してくださった多くの方々にこの場で御礼を申し上げます。これからも、応援して頂いた分活躍できるよう日々頑張ります。


2021年、私の留学生活一年目を振り返りたいと思います。



Virginia common wealth Universityは大規模な学校で、ハリーポッターの世界のような建物が並んでいるキャンパスがとても魅力的です。私はこのセメスターは数学、社会学、生物、アート、エッセーの授業をとっていましたが、授業中は先生が何を言ってるのかはわからないことも多く、毎日授業の復習をしたりチームメートにノートも見せてもらったりして毎日勉強に明け暮れていました。特にエッセーの課題では3、4枚のライティングを書くのにとても苦戦をしました。


しかし、渡米直後に比べると簡単なコミュニケーションを取れるくらいには英語は上達したと思います。勉強面でも、授業の復習に加えてテスト前にはそれに向けての勉強も行っていたのでGPAを高く保つことができました。来シーズンも引き続き頑張ります。


サッカーでは、個人的には悔しさが残る一年目でした。フォワードとしてプレーしましたが、自分のプレーをセメスター全体を通して評価すると、決して満足のいくパフォーマンスではありませんでした。

結果としてはプレシーズンの1ゴールとシーズン中の2アシスト、と前線のプレーヤーとしてはもっと得点に絡んでいくプレーをしていくことが課題として残りました。足の速さや体格などフィジカル面においての差をいかに自分のプレーの特徴を出しながら攻略していくか、自分のスタイルを来シーズンに探求していこうと思います。

毎週木曜日と日曜日に試合がある、という環境に慣れるのにも時間がかかりました。遠征が多い中でコンディションを維持し、勉強と両立することはなかなかハードなことでした。チームはレギュラーシーズンは優勝することができたものの、全米大会につながるトーナメントでは一回戦で敗退してしまい、勝ち続けることの難しさを改めて実感しました。来シーズンではまず全米大会に出場することを目標に頑張ります。


アメリカで留学している仲間に負けないよう、全米大会で会えるように日々レベルアップしていきます。


ここまで読んでいただきありがとうございます。


松久 栞南



129 views0 comments

Recent Posts

See All