有馬大勢:2年目


カンザス州にあるフォートヘイズ大学に留学していた、有馬大勢です。中学は東京ヴェルディで、高校は星稜高校に行っていました。今年の秋からノーザンイリノイ大学(NCAA Division 1) に移籍をする事となりました。


今回、選手ブログを書かせていただく事になって何を書こうか悩みましたが、アメリカの大学を選んだ理由と、アメリカで自分が経験したことを簡単にまとめて書いてみましたので、お時間があったら是非読んでみてください。


まず、アメリカの大学を選んだ理由は自分の将来に繋がると思ったからです。自分がアメリカの大学を本気で目指そうと思ったのは、高校3年の夏でした。もちろん日本の大学も視野に入れていましたが、ぼんやりと10年後、20年後そして、その先に何を本気で自分がしたいか考えた時に、まず海外に出る事がその一歩であると考えました。サッカー選手になる事以外高校まで考えていませんでしたが、今現在、代理人をしていただいています、假屋さんとミーティングを初めてした時に、アメリカに行く事は、将来自分のやりたい事が広がると思いました。例え今、サッカー以外に将来やりたい事がなくても、アメリカに行ってから見つける事が出来るんじゃないかと思いました。

アメリカの大学に入ってからは、自分が今まで経験したことのない事を経験をしました。言語が通じない事で、人生で味わったことのない苦しさや悔しさを味わいました。最初アメリカに行った時は監督とも全く話せず、どんなサッカーをしたいのか、何を求めてるのかが全く理解できず、サッカーノートを監督に毎週送りつけ確認していました。今でも完璧から程遠い英語ですが、この2年は自分の人生において一番濃く、自分の成長を感じる事ができた2年でした。


リーグ戦や、全米大会で日本人と会えるのを楽しみしています。アメリカという日本では考えられない程でかい国でいつか会いましょう。


有馬大勢




277 views0 comments

Recent Posts

See All