top of page

徳久翔大:1年目


2022年の8月からフロリダ州にあるデイトナ州立大学に留学している徳久翔大です。


まずは新型コロナウイルスの中、私のアメリカ留学をサポートして頂いたZERO-ZERO株式会社の皆様、家族、関わっていただいた全ての皆様ありがとうございます。


私のアメリカでの留学について振り返りたいと思います。


アメリカでの約4ヶ月半を振り返ると、学業とサッカーの両立を実現すことは必ず自分自身の成長につながると強く感じました。


アメリカに来てから最初の1ヶ月は本当に辛かったことが多かったです。特に会話の部分で自分の伝えたいことが上手に表現出来なかったり、自分では英語で相手に伝えられていると思っても相手に伝わっていなかったりなど、フラストレーションを感じることが多かったです。それでも徐々に相手の喋る英語のスピード感に慣れて相手が言っていることを段々と理解出来るようになり、今では英語に対しての苦手意識もなくなり相手と落ち着いて会話できるまでになりました。

勉強面では、より良い評価を得るために提出期限前に課題を終わらせ教授に相談することや、テストに向けて繰り返し問題を解いたり、自分でノートに要点をまとめることで成績を得ることができました。自分の目標であるGPA4.0をとるためにさらに英語力をつけて目標を実現したいです。

サッカー面では、チームとしては全米大会に出場することはできましたが目標の優勝には届きませんでした。また個人としては、満足のいく結果を残すことができず悔いの残るシーズンでした。ただ自分のサッカーがどれだけ通用するか分かったので、今後自分の特徴をより発揮するためにもっと英語でチームメイトとコミュニケーションを取り自分のプレースタイルを理解してもらい、相手のことを理解することが大切だと感じました。次のシーズンでは怪我なく、得点にこだわり結果を残せるようにしていきたいです。

来シーズンも引き続き、学業とサッカーの両立に向けて日々精進していきたいと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

徳久翔大




157 views0 comments

Recent Posts

See All

Comentários


bottom of page