top of page

平井一徹:2年目


三菱養和出身、VCU2年生の平井一徹です。今シーズンが終わったのでこのブログを通して2年目のシーズンを振り返ろうと思います。


今学期はサッカー面勉強面生活面全てにおいて成長を感じれた1年でした。


サッカー面においては公式戦出場はなかったものの、2年目と言うこともあり、アメリカのプレースタイルやスピード感に体が順応できたり、コーチやチームメイトとのコミュニケーションが昨年よりも1つ踏み込んだレベルまで取れるようになったりなど、フィールド上で感じるストレスは昨年よりもかなり少なくなりました。一方で、まだ試合に出れていないというのが現状で、もう1つ上のレベルに行くには今のままでは全然ダメだと言うことも同時に感じた一年でした。何が自分に必要か探究心・向上心を常に持って成長できるように頑張ります。


勉強面では個人的には満足できる学期だったと思います。5教科中4教科で A評価を獲得し、前回よりも高いGPAで今学期を終えることができました。しかし、アカデミックな英語にまだ苦戦しているので、そこに重きを置いてこれからも自分の英語を磨きたいと思います。


生活面においては、とても楽しい大学生活を送ることができています。今は3人のアメリカ人のルームメイトと共に生活しています。彼らと彼らの家族にはとても感謝していて、部屋で唯一留学生の自分に気を遣ってくださり、誕生日プレゼントを送っていただいたり、仕送りをいただいたりとルームメイトに恵まれたなと感じています。そして、今学期特に意識したことは食事です。パフォーマンスの向上を目的に食事制限をシーズン途中で始めました。毎食口にするものは全て計量器で測り、スマホではカロリー管理を徹底しました。その結果コンディションがかなり良くなったと実感できるほど、体の調子が良くなりました。これからは単に体重を減らすだけではなく、自分のベストを見つけ出して、自分のコンディションを自分でコントロールできるようにしたいです。


最後に、このような恵まれた環境で勉学・スポーツ共に励めているのは、家族・zero zeroを始めとした、全ての方々のおかげです。このような素晴らしい機会を無駄にしないためにも、応援して下さる全ての方々のために日々奮闘したいと思います。


これからも応援よろしくお願いします。

平井 一徹



238 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page