top of page

金子礼人:1年目


この度、選手ブログを書かせていただくことなった金子礼人です。出身は開志学園JSCで、2022年の8月に渡米し、カンザス州のコフィービルコミュニティカレッジに入学しました。その中で僕が感じたことなど今シーズンの総括をしていきたいと思います。

まず、コフィービルコミュニティカレッジはカンザス州のコフィービルにありNJCAA(D1)に所属しています。コフィービルは広大なアメリカ大陸の真ん中に位置していて、ニューヨークやラスベガスといった僕の良く知る大都市とはかけ離れた場所に位置する田舎町です。商業施設が少なく文句を垂れる選手も中にはいますが、僕はチームメイトとの寮生活は学ぶことも多く楽しいです。チームメイトの多くは留学生で、英語力が僕よりも低い選手もいます。そういった環境で積極的に英語を話せたことは自分の中で大きな成果です。


今シーズンのサッカーの結果は自分の中で決して納得のいくものではありませんでした。チームとしても個人としてもよい結果が得られずに終えてしまったシーズンでしたが、その中で感じたことはサッカーのスタイルの違いです。日本よりもテクニカルな選手が少なかったり、繊細さは感じませんが、プレイの迫力だったり積極性が強い選手が多いということを実感しました。そういった違った環境でやるサッカーに慣れることに最初は難しさを感じましたが、それはサッカー選手としてとても貴重な経験なのでその中で輝けるように準備したいと思います。


勉強については全体的に悪くなく、及第点といえる成績でした。しかし内容があまり理解できない授業も少なからずあり、四年制の大学に比べ授業が簡単であることを踏まえると、次のセメスターからより頑張らないといけないと思います。


このようにアメリカでの生活はとても刺激的で新しい価値観やスケールの大きさを感じる毎日です。このような経験をさせてくれている多くの方々への感謝の気持ちを忘れずにこれからも多くの経験を積んでいければと思います。


ご精読ありがとうございました。 金子礼人



125 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page