赤松 謙:10日間のアメリカチャンレジ


今回アメリカの大学トライアウトを経験して、自分に何が不足していて何が自分のストロングポイントかを見つけることができました。まず、アメリカに来て感じたことは、アメリカ人は日本人と比べてすごいフレンドリーで初めて会ったのに向こうから話しかけてくれてすぐ友達になることができました。 僕は話すことが大好きなのでこのアメリカのフレンドリーさは本当にありがたかったです。でもやはり英語力がないと会話も長続きしないし、本当に伝えたいことをうまく伝えることができませんでした。それはサッカーの面でも一緒で、トライアウトのときにプレーはできますが、指示や要求を相手に伝えられないことが多かったです。そこが僕がアメリカに来て一番つらかったことです。プレースタイルもアメリカと日本ではまったく違います。大学によって違いますが、基本はフィジカルとスピードを重視したスタイルが多いです。ですがそういったスタイルの中でも自分のようなテクニックを生かしたプレーで違いを出せればアメリカでも生きていけると思いました。 僕はアメリカの大学でスポーツについてもっと深く学びたいことよりサッカーが強く大きい大学に行きたいと思っています。ですがそのためにはTOEFLのスコアが必要なので私はもっと勉強して英語力を伸ばして行きたいと今回のトライアウトで思いました。アメリカにチャレンジしたいと思っている方はぜひ早い段階から英語の勉強をしたほうがいいと思います。本当に素晴らしい経験をできました。

16 views0 comments

Recent Posts

See All

Stu-Ath Management ストゥアス・マネジメント

Zero-Zero アメリカ大学サッカー留学プログラム

代表 / 假屋 祐貴​(かりや ゆうき)

070-8486-2021

yuki@zero-00-zero.com

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
LINE_icon_Green.png