南ひかる:1年目

こんにちは。今年の8月からアメリカ南西部のアリゾナ州にあるArizona State Universityに所属している南ひかるです。

私が留学したいと思ったきっかけはシンプルに英語を話せるようになりたいという気持ちからでした。そして、私は高校までサッカーだけでなく勉強も手を抜かずにやってきたので、ただスポーツをしていれば良いというだけではいけないアメリカの大学の環境が私にとって一番合っていると思いました。






まず、今シーズンはサッカー面、勉強面共に「慣れる」ことを一番に考えてやってきました。私は今年の5月から7月まで大学の語学学校に通い、その後の8月から正式に大学へ入学しました。大学入学まで一人で3ヶ月間過ごしたものの、アメリカの大学の授業やテスト、サッカーの練習などがどういうものなのか知りませんでした。今シーズンを通してやっとアメリカの大学生活に慣れることができたと思います。



サッカー面は個人的には満足できる結果ではありませんでした。試合のメンバーに選ばれても出場できなかったことや、出場できても短時間でした。しかし、自分の得意とするプレーが通用することもありました。チームメイトに各国の年代別の代表選手が複数いるので、スタートメンバーとして試合に出場することは簡単ではありませんが、諦めずに努力していきたいと思います。


勉強面では良いスタートを切れたと思います。最初のセメスターだったからか、基礎的な授業しかなかったので課題やテストは無理なくこなせました。次のセメスターも高いGPAをキープできるよう気を抜かずに頑張りたいと思います。